「ファミリーバイク特約」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ファミリーバイク特約」ってなに?

「ファミリーバイク特約」とは原動機付自転車(原動機の総排気量が125cc以下)を運転中に事故を起こしてしまった時に補償される特約です。事故によって生じた損害賠償や、自身のケガなどが補償の対象となります。「ファミリーバイク特約」には「ファミリーバイク(人身傷害あり)特約」と「ファミリーバイク(人身傷害なし)特約」の2つのタイプがあります。それぞれについて詳しく説明していきます。

ファミリーバイク(人身傷害あり)特約とは

ファミリーバイク(人身傷害あり)特約は、ファミリーバイク特約(人身傷害なし)特約よりケガの補償の範囲が広く、自損事故や無保険車との事故に加えて、他の車に衝突された場合なども補償する保険です。

【保険金が支払われる条件】

①記名被保険者、その配偶者、それらの同居の親族またはそれらの別居の未婚の子が
②原動機付自転車(臨時に借りた原動機付自転車を含む)を運転中等の事故について
対人賠償保険対物賠償保険および人身傷害保険の保険金が支払われます。

また、臨時に借りた原動機付自転車の保険に優先して保険金を支払うことができます。臨時に借用したバイクに自賠責保険の契約がない場合(本人・家族所有を除く)、対人賠償保険でねっこから支払います。

【保険金が支払われない場合】

①原動機付自転車の使用について、正当な権利を有する方の承諾を得ないで、原動機付自転車を「運転中」に生じたケガ。
②被保険者が所有・使用・管理する原動機付自転車を、被保険者の業務中のために使用人(従業員)が運転中。
原動機付自転車について生じた損害。

※②で支払対象外となるのは対人・対物賠償保険に限られ、人身傷害は支払対象となります。

【適用上の注意】

①この特約には、以下の(ⅰ)〜(ⅱ)の特約の規定は適用されません。
(ⅰ)運転者限定特約
(ⅱ)運転者年齢条件特約

②対物賠償保険の免責金額が5万円を超える場合は、この特約の対物賠償保険の免責金額は5万円となります。

ファミリーバイク(人身傷害なし)特約とは

【保険金が支払われる条件】

①記名被保険者、その配偶者、それらの同居の親族またはそれらの別居の未婚の子が
②原動機付自転車(臨時に借りた原動機付自転車を含む)を運転中等の事故について
対人賠償保険対物賠償保険自損傷害特約および無保険車傷害特約の保険金が支払われます。

また、臨時に借りた原動機付自転車の保険に優先して保険金を支払うことができます。臨時に借用したバイクに自賠責保険の契約がない場合(本人・家族所有を除く)、対人賠償保険でねっこから支払います。

【保険金が支払われない場合】

①原動機付自転車の使用について、正当な権利を有する方の承諾を得ないで、原動機付自転車を「運転中」に生じたケガ。
②被保険者が所有・使用・管理する原動機付自転車を、被保険者の業務中のために使用人(従業員)が運転中。
原動機付自転車について生じた損害。

【適用上の注意】

他の特約等による人身傷害の適用
「ファミリーバイク(人身傷害なし)特約」で人身傷害は補償されませんが、基本補償に人身傷害がセットされている場合には、以下の(ⅰ)〜(ⅲ)ようなケースで人身傷害が適用される場合があります。なお、人身傷害が支払対象となる場合は、本特約による自損障害特約、無保険車傷害特約による支払いは出来ません

(ⅰ)他車運転(二輪・原付)特約により人身傷害が適用される場合
(例)記名被保険者が友人の原付を運転中の事故(契約している車は二輪・原付)

(ⅱ)臨時代替自動車特約により人身傷害が適用される場合
(例)契約している車(二輪・原付以外)を修理のために整備工場へ預け、その代替自動車として記名被保険者臨時に原付を借用し、使用している際の事故

(ⅲ)基本補償(自動車事故特約、交通用具事故特約あり)で人身傷害が適用される場合
(例)記名被保険者が友人の原付きを運転中の事故(契約している車は二輪・原付以外)

まとめ

「ファミリーバイク特約」は使い方によっては保険料をかなり安く抑えることができる一方で、逆に保険料が割高になってしまうこともある保険です。しっかりと違いを理解して保険を選ぶことが大事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*