「他車運転特約」「臨時代替自動車特約」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「他車運転特約」「臨時代替自動車特約」ってなに?

「他車運転特約」「臨時代替自動車特約」とは、どちらも自分自身の車以外で事故を起こしてしまった時に補償される保険です。では、どのような場合に補償されるのか詳しく説明していきます。

「他車運転特約」とは

友人や知人などから借りた車を運転中に事故を起こしてしまったときに補償される保険です。

【保険金が支払われる条件】

①記名被保険者、その配偶者、それらの同居の親族・それらの別居の未婚の子が
②友人・知人等から臨時に借りた車を運転中(駐車中を除く)の事故について
対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険および車両保険のうちご契約にセットされている補償の保険金が支払われます。

※臨時に借りた車が自家用8車種に限ります。ただし、「記名被保険者、その配偶者・それらの同居の親族が所有、常時する車」と「記名被保険者・その配偶者の別境の未婚の子が所有・常時使用する車を自ら運転する場合はその車」は除きます。

※「自損傷害保険」および「無保険車傷害特約」をセットしている場合は、それらの保険金を含みます。

車両保険が支払われる場合は、臨時に借りた車の時価額が限度となります。

※この特約により保険金が支払われた場合、継続契約の等級および事故有係数適用期間の決定における事故件数のカウントは、契約している車を運転中の事故の場合と同様です。

自家用8車種とは

用途車種が、自家用(普通・小型・軽四輪車)乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、自家用(小型・軽四輪)貨物車、および特殊用途自動車(キャンピング車)に該当する自動車のことをいいます。

【保険金が支払われない場合】

①自動車の使用について、正当な権利を有する方の承諾を得ないで、自動車を「運転中」の損害。
②運転者の使用者(雇い主)の業務のために、使用者が所有する自動車を運転中に生じた損害。
③運転者が役員となっている法人の所有する自動車を運転中に生じた損害。
④自動車を取り扱う業務として受託した自動車を運転中に生じた損害。

臨時代替自動車特約とは

修理・設備・点検中に借りた車を使用中に事故を起こしてしまったとき補償する保険です。

【保険金が支払われる条件】

①契約している車が整備、修理、点検等のために使用できない間
②記名被保険者が臨時に借りた車を使用中(駐車中を含む)の事故について
対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険おようび車両保険のうち契約にセットされている補償の保険金が支払われます。

※「記名被保険者、その配偶者、それらの同居の親族・それらの別居の未婚の子」「記名被保険者の役員」「記名被保険者ほ使用人(従業員)」が所有する車は除きます。

※「自損傷害保険」および「無保険車傷害特約」をセットしている場合は、それらの保険金を含みます。

車両保険が支払われる場合は、臨時に借りた車の時価額が限度となります。

※この特約により保険金が支払われた場合、継続契約の等級および事故有係数適用期間の決定における事故件数のカウントは、契約している車を運転中の事故の場合と同様です。

【保険金が支払われない場合】

他車運転特約・ファミリーバイク特約(人身傷害あり)特約またはファミリーバイク(人身傷害なし)特約が適用される場合、これらの特約の規定により保険金が支払われるべき損害または傷害に関しては、臨時代替自動車特約は適用されまさん。

まとめ

「他車運転特約」「臨時代替自動車特約」について理解できましたか?他人の車を運転する機会はあまり多くはないと思いますが、知っていて損ではない特約です。もし、他人の車を運転する際はこの特約の加入について検討してみてもいいかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*