「搭乗者傷害特約」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「搭乗者傷害特約」ってなに?

ケガの補償をする保険の一つである「搭乗者傷害特約」。その名の通り、搭乗者のケガを補償する保険ですが、よく「人身傷害保険」と混合されます。この2つの違いを簡単に説明すると、「人身傷害保険」は実際の損害の額を補償するのに対して、「搭乗者傷害特約」は事故に応じて一定の定額を支払うお見舞金的な保険です。ここでは「搭乗者傷害特約」について詳しく見ていきましょう。またそれに関連した特約についても紹介していきます。

搭乗者傷害特約とは?

契約している車に搭乗中の運行事故により死傷した場合に定額保険金が補償される保険です。死亡・後遺障害のみ、入通院のみ対象とする特約があります。

【保険金が支払われる条件】

①契約している車に搭乗中の事故によりケガをして
②事故日からその日を含めて180日以内に入通院した場合に
③被保険者1人につきそれぞれ次の(1)〜(7)のうちいずれかの金額が「医療保険金」として支払われます。

搭乗者傷害(入通院/2区分)特約
(1)入院と通院の合計日数が5日未満→1万円
(2)入院と通院の合計日数が5日以上→10万円

搭乗者傷害(入通院/5区分)特約
(3)入院と通院の合計日数が5日未満→1万円

●入院と通院の合計日数が5日以上の場合、ケガの度合いによって金額が変わります。
(4)骨折・挫傷・擦過傷・捻挫等の場合→10万円
(5)骨折・脱臼、脳・眼・頚椎・脊髄を除く部位の神経損傷、上肢・下肢の腱・筋・靭帯の断裂の場合→30万円
(6)上肢・下肢の切断、眼球の内出血・血腫、眼の神経損傷、眼球の破裂の場合→50万円
(7)脳挫傷等の脳損傷、頭蓋内集結、頭蓋内血腫。頚椎損傷、脊髄損傷、胸部・腹部の臓器損傷→100万円

※入通院合計日数が5日以上になれば治療中でも保険金を受け取ることが出来ます。

 

【保険金が支払われない場合】

①故意・重過失
・被保険者の故意・重大な過失によってその本人に生じたケガ
②無免許・酒気帯び運転、麻薬・危険ドラッグ等の影響下での運転でその本人に生じたケガ
③自然災害(地震・噴火・津波)
④闘争行為・自殺行為・犯罪行為によって、その本人に生じたケガ
⑤被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によって、その本人に生じた傷害による損害
⑥自動車の使用について、正当な権利を有する方の承諾を得ないで、自動車に搭乗(無断搭乗)
⑦微傷が原因の創傷感染症(丹毒・敗血症・破傷風等)
⑧契約している車を競技・曲技のため等に使用すること・これらを行うことを目的とする場所において使用することによって生じたケガ

被保険者とは

契約している車の正規の乗車装置・その装置のある室内に搭乗中の方(運転者を含む)をいいます。

 

搭乗者傷害(入通院/2区分)倍額払特約とは

搭乗者傷害(入通院/2区分)特約の保険金の金額を2倍にして、「医療保険金」が支払われる保険です。

 

搭乗者傷害(入通院/5区分)倍額払特約とは

搭乗者傷害(入通院/5区分)特約の保険金の金額を2倍にして、「医療保険」が支払われる保険です。

 

搭乗者傷害(入通院/日数)特約とは

①契約している車に搭乗中の事故によりケガをして
死亡した場合または後遺障害が生じた場合に、以下の保険金が支払われます。

死亡保険金
事故日からその日を含めて180日以内に死亡した場合に、被保険者1人につきそれぞれ保険金額の全額が支払われます。(既に支払われた後遺障害保険金がある場合には、その額が差し引かれます。)

後遺障害保険
事故日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合に、その程度に応じて被保険者1名につきそれぞれ保険金額の4%〜100%が支払われます。(180日を超えて治療が必要な場合は、医師の診断に基づき後遺障害の程度を認定して、後遺障害保険金が支払われます。なお、被保険者の請求がある場合には、181日目における医師の診断に基づくことが出来ます。)

 

まとめ

「搭乗者傷害特約」についてわかりましたか?「搭乗者傷害保険」は、「対物賠償保険」や「人身傷害保険」の保険金の支払いを受けていても重複して保険金を受け取ることができる優れものです。「搭乗者傷害特約」に加入することでケガの保険は一層手厚くなり、ケガの保険に万全を期すことが出来ます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*