「人身傷害保険」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人身傷害保険」ってなに?

自動車保険で難しい理解するのが難しいケガの補償をする数々。その中でも基本的なケガの保険である「人身傷害保険」。今回は「人身傷害保険」について、一から丁寧にわかりやすく説明していきます。また、「人身傷害保険」に関わる特約についても解説していきます。

人身傷害保険とは

事故でケガをして死亡した場合、入院や通院された場合などに、記名被保険者はもちろんのこと、同乗しているしている方も補償する保険です。また単独事故(自損事故)のケガも補償します。

 

【保険金が支払われる条件】

契約している車に搭乗中等の事故によりケガをして
②死亡した場合、後遺症障害が生じた場合、入院・通院した場合の損害
③被害者1名につき、それぞれ保険金額を限度に「人身傷害保険」が支払われます。
+実際に負担した費用(損害防止費用・権利保全行使費用)が合わせて支払われます。

(①の契約している車に搭乗中等の事故とは、運転が原因の事故・運転中の飛来物もしくは落下中の他の物との衝突・火災・爆発・車の落下などを含みます)

(②の損害とは、治療費・休業損害・精神的損害・逸失利益・将来の介護料・葬儀費用等のことをいいます。ただし、相手の方からの賠償金や、労働者災害補償制度等による給付を受け取っている場合等は、その額を差し引いて保険金が支払われます)

(③の保険金額の限度について、保険金額が無制限以外の契約で、対人賠償保険が契約されていない自動車等の車との事故によりケガをして、死亡・後遺症が生じた場合で、十分な賠償を受けられないときは、2億円を限度に補償されます。ただし、被保険者の同居の父母が賠償義務車となる場合等は正規の保険金額が限度となります。)

 

【保険金が支払われない場合】

①故意・重過失
被保険者の故意・重大な過失によってその本人に生じたケガ
②無免許・酒気帯び運転、麻薬・危険ドラッグ等の影響下での運転でその本人に生じたケガ
③自然災害(地震・噴火・津波)
④闘争行為・自殺行為・犯罪行為によってその本人に生じたケガ
被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によって、その本人に生じた傷害による損害
⑥自動車の使用について、正当な権利を有する方の承諾を得ないで、自動車に搭乗(無断搭乗)
⑦微傷に起因する創傷感染症(丹毒・敗血症・破傷風等)
⑧契約している車を競技、曲技のため等に使用すること・これらを行うことを目的とする場所において使用することによって生じたケガ

被保険者とは

①契約している車の正規の乗車装置またはその装置のある室内に搭乗中の方
②契約している車の保持者
③契約している車の運転者(会社の業務のために契約している車を運転する方や運転助手の方など)

 

傷害従業就業中対象外特約とは

①契約の人身傷害保険で人身傷害保険金の支払い対象となる事故により
②被保険者のご希望により個室用を使用した場合に
③実際に負担した差額ベッド費用について
④被保険者1人につきそれぞれ入院1日目から最大90日間、1日あたり15000円を限度に支払われます。
差額ベッド費用とは健康保険の給付対象とならない個室等の特定病室の入院費用から、普通病室の入院費用を差し引いた額のことをいいます。)

 

重度後遺障害時追加特約とは

①契約の人身傷害保険で人身傷害保険の支払い対象となる事故により
②ケガをして重度後遺障害が生じ、介護が必要となる場合に
③実際に負担した費用について(重度後遺障害が生じた日の翌日から一年後の応当日までに負担した費用)
④被保険者1名につきそれぞれ人身傷害保険の保険金額の2倍の額を限度に人身傷害保険が支払われるとともに、住宅改造費用保険金福祉関連費用保険金が支払われます。

(住宅改造費用:介護のために住宅を改造する場合、被保険者1名につきそれぞれ500万円が限度に支払われます。)
(福祉関連費用保険金:福祉車両を取得する場合もしくは所有する車を福祉車両に改造する場合、または車椅子・特殊ベッドを取得した場合に、被保険者1名ににつきそれぞれ500万円が限度に支払われます。)

 

ケアサポート費用特約とは

①契約の人身傷害保険で人身傷害保険金の支払い対象となる事故により
②ケガをして入院した場合に
③実際に入院期間中に負担したヘルパーやベビーシッターなどの費用について
④所定の要件を満たすときケアサポート費用保険金が支払われます。

ホームヘルパ雇用費用1日あたり2万円が限度
家事に従事する方が入院した場合または入院した方に付き添う場合に、ホームヘルパーを雇う費用

介護ヘルパー雇用費用1日あたり2万円が限度
介護をする方が入院した場合または入院した方に付き添う場合に、介護ヘルパーを雇う費用

ベビーシッター雇用費用1日あたり2万円が限度
育児をする方が入院した場合または入院した方に付き添う場合に、ベビシッターを雇う費用

保育施設預け入れ費用1日あたり2万円が限度
育児をする方が入院した場合または入院した方に付き添う場合に、子どもを欲しく施設に預ける費用

ペットシッター雇用費用ペット専用施設預入費用と合わせて1日あたり2万円が限度
ペット(個人の家庭で飼っている犬または猫)の世話を主として行う方が入院した場合または入院した方に付き添う場合に、ペットシッターを雇う費用

ペット専用施設預け入れ費用ペットシッター雇用費用と合わせて1日あたり2万円が限度
ペット(個人の家庭で飼っている犬または猫)の世話を主として行う方が入院した場合または入院した方に付き添う場合に、ペットをペット専用施設に預ける費用

医療情報提供サービス利用費用1事故につき5万円が限度
医療情報提供サービスを利用した費用(事故日から「治療最終日の翌日から90日後の日」までの期間中に負担した費用)

被保険者1名につきそれぞれの合計200万円が限度

 

まとめ

自分のケガの補償のメインとなる「人身傷害保険」について理解できましたか?ケガの保険については重複しがちなので、自分の入っている医療保険・傷害保険などの保険の内容をきちんと理解して、無駄のないように保険に入りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*